FujiMan Production - 徒然日記 -
2003/07/16 ISO認定受けなはれ
新しいウィンドウで開いています。戻るときはこのウィンドウを閉じて下さい。

 いよいよ、あと10日ほどで病院機能評価受審の本番を迎えます。第三者機関「日本医療機能評価機構」(http://jcqhc.or.jp/html/index.htm) というところの審査を受けるわけなんですが、なにしろ合格率が38%というらしいから受審する医療機関の3分の2は認定を受けられないわけです。なーかなか厳しいですよ(^^)
 私は一昨年12月から準備委員として、いわば牽引役として働いてきたんですけど、せめてうちの職場(部門)で落第したということだけは避けたいと、 その一念でやってきましたけど、やはり不安はありますねぇ。
 そもそも人口動態やみなさんの生活、仕事環境、経済環境等などが大きく変化して、医療技術も進化してきましたけど、医療保険制度とか、介護、社会福祉も大きく変わりまして、 根本的に医療制度そのものを見直すという大胆な改革を、いまの政府が推し進めているわけです。来年から始まる臨床研修制度にしても、 要するに病院も本格的な自由競争の波にもまれていくということですね。これは医療サービスを受けるみなさんにも、これから医者として頑張っていこうとする医学生さんたちにも、 いいような気はするわけですが、いくらサービス業とは言っても、あるべき医療の姿だけは見失わないでいって欲しいと願うばかりです。
 だって、患者さんの中には機械が故障でもしたような感覚で「ちゃんと診断して早く治してくれよ」と、はっきり言って申し訳ないですけど、 ちょっと勘違いなさってる方がいらっしゃる。ヒトの体ってそんなに単純じゃないよ(^^)。
 さて、うちの母体組織である事業団本部方針として、病院機能評価を受審せよとあるのですが、何となく今までの組織体制のまま、「お前たち頑張れよ」と言ってるような気がしてならない。 いっそ、本部もISO9001とかISO14001とかの認定を受ければいいんだ。本気でそう思う(-- )。

新しいウィンドウで開いています。
戻るときはこのウィンドウを閉じて下さい。
Copyright(c) 2003 FujiMan Production All Rights Reserved